• このエントリーをはてなブックマークに追加

セラミックか金か

user_icon

長年の皮膚疾患の悩みで検査をしたら、金属アレルギー検査で亜鉛に反応していました。たまたま銀歯の成分が溶け出すという話を聞き、体にその成分が貯まっていくことが恐いんで歯の詰め物を全取替えしようか悩んでいます。治療してある部分は右の一番奥とその隣、左奥から2番目(全部クラウン)、上右左1本(詰めもの)があります。
銀歯から変える素材は金かセラミックとかですよね。検査で金に反応がなくても金(金属)は避けるべきでしょうか。

ただ奥歯は一番力をかける歯だからセラミック(ハイブリッド、メタル)だと割れる可能性があとききます。(割れない可能性がゼロではない)また、自分の歯を削る量が少ないのは金で、虫歯になりにくさを考えても治療するならは金を選んだ方が良いのかな?とも考えているのですが、金属アレルギーで亜鉛に反応が出ている私なので金属一切を排除したほうがいいのか、どなたか助言をお願いいたします。

投稿者:鳥獣戯曲(30代性別非公開)

相談ID:331

回答受付中

15人に評価されました

歯科医院回答1件/返信0

歯科医院からの回答

  1. 阿部歯科クリニック

    質問にお答えします。
    当院でも毎年1~2名の金属アレルギーの方が来院されます。
    歯科で扱っている金ですが、当然、純金では柔らかすぎて使えませんので、
    18金か20金を使用しています。つまり微量ではありますが他の金属も含まれているということです。
    なので、できれば一切金属は使用せずセラミック修復をお勧めします。
    注意としては、表面に見えている金属だけでなく神経を処理している場合、その土台として冠の中に金属を使用していることがありますので、土台からファイバーコアなど非金属に替えることをお勧めします。